ネット火災保険よくあるご質問

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 4976
  • 公開日時 : 2024/03/14 13:12
  • 更新日時 : 2024/04/05 22:24
  • 印刷

火災保険の建物保険金額はどのように設定されるのでしょうか?

回答

当社の火災保険でお支払される保険金額は、新価(再調達価額)を採用しております。
新価(再調達価額)とは、現在居住中の建物、または所有の家財と同等の物を新たに建築、あるいは再購入するのに必要な金額を指します。
 
保険金額の算出方法は2通りあります。

▼建物が戸建[新築時の購入金額]が「わからない」場合、または共同住宅(マンション)の場合
建物の所在地や構造などをもとに、1平方メートルあたりの標準的な建築費に建物の延床面積(マンションの場合は専有面積)を乗じて、再調達価額を算出します。※共同住宅の場合、すべてこちらの評価方法になります。

▼建物が戸建[新築時の購入金額]が「わかる」場合
土地代を除いた新築購入時の建物代金に、新築年に応じた建築費倍率を乗じて再調達価額を算出する方法です。物価の変動なども考慮するため、建物の新築年によっては購入価格より高い金額が算出されることがあります。

建物の評価によって算出した保険金額の範囲内で、お客さまのご希望金額を設定いただきますよう、お願いいたします。

この質問で解決しましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください ※個人情報(氏名・証券番号・電話番号など)を入力しないでください。
※お問合わせを入力されてもご返信はいたしかねます。ご了承ください。